英国バーリーハウスでアンティーク修復士兼ディーラーとして働く岩田年史セレクトのアンティークショップです

Blog

ラットレース

先日、ここバーリーハウスでラットレースというイベントが開催(1日のみ)されました。数年前からバーリーハウスの広大な敷地を外部の業者に貸し出して開催されるイベントで、障害物レースです。 16世紀に作られたバーリーハウスとは …

rat race (13)

昔の卵の鮮度の見分け方

私が好きでつい集めてしまうキッチンもののアンティークやビンテージ。キッチンで昔使われたガラスのメジャーカップを紹介します。 表面には様々なメモリが書かれており、その中のカップに入った卵の絵が一際目を引きます。これは卵を割 …

measure cup1

アンティークの融合家具(マリッジ家具)

イギリスの古い家具の修復を長年していると、作られた時の状態と大きく変わってしまったものによく出くわします。 数十年、数百年の間にインテイリアやデザインの流行が変わることは、現在でも普通にあるように、昔からありました。その …

Marriage Furniture2

ニュートンの生家

バーリーハウスにはかつて”Little Bedlam Club”というクラブがあり、そのメンバーの一人に物理学者アイザックニュートンがいたということは以前ブログでも紹介しましたが、実は、ここStamfordから車で20分 …

Woolsthorpe Manor (5)

シルバーのティーポット

こちらイギリスでも、今では使われる機会の少なくなったティーポットですが、紅茶を美味しく入れるにはやはりティーポットがおすすめです。 そのティーポットの素材も、陶器、ガラス、シルバーなどいろいろあり、それぞれ特徴も様々です …

anatomy of teapot

アンティークのフェイクとリプロダクション

イギリスのアンティークの世界でよく耳にする言葉に「フェイク」(Fake)と「リプロダクション」(Reproduction)があります。 フェイクとは贋作のことで、本物のアンティークに偽て作られたもので、「相手を騙してやる …

masterpiece (10)

バーリーハウス(9)

The Black and Yellow Bedroomの次の部屋はThe Marquetry Roomです。 この部屋が「マーケトリールーム」と言われるのは、ここにマーケトリーの家具が置かれているからです(マーケトリー …

Marquetry Room (3)

19世紀に作られた怪しい薬

あまりよく分からない、今では使うことができない珍しいアンティークを手に入れるのが個人的に好きで、そのようなものに出くわすとワクワクし私のコレクションに加えることがよくあります。 私が以前手に入れたもので、薬が入っている沢 …

Homeopathy1

紋章の絵とフレームの修復

今回のブログは私の本職のアンティーク家具修復についてです。 イギリスでは家具は非常に種類が多く修復工房には色々なものが運ばれてきます。絵の入ったフレームもイギリスでは家具に分類されており、このような古い絵とフレームが3つ …

P1030675

トーストラック

焼きたてのトーストを直接お皿の上に置いておくとお皿とトーストの間に熱と蒸気がこもりしっとりとしてしまいます。両面をパリッとした状態に保つために発明されたのがトーストラックです。主にシルバー、シルバープレート、陶器でできて …

SSE014-5
« 1 2 3 11 »
PAGETOP
Copyright © Burghley Antiques All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.