英国バーリーハウスでアンティーク修復士兼ディーラーとして働く岩田年史セレクトのアンティークショップです

Blog

アルバートチェーン

これは懐中時計などによく使われるアルバートチェーンと言います。   ビクトリア女王の夫であるアルバート公が好んで使っていたことからアルバートチェーンと呼ばれるようになりました。 T字の部分をボタンホールに入れて使われてい …

albert-chain-1

イギリスのアンティーク家具修復と資格について

私の本業はバーリーハウスでのアンティーク家具の修復です。 バーリーハウスにある家具の修復は年間で2~3割ほどで、それ以外の家具の修復は外部から来ています。 バーリーハウスにある多くの家具はコンディションが良い状態であるこ …

furniture-4

霧の都ロンドン…実はスモッグ

イギリスはもうすっかり寒くなり、朝起きると外に霧が出ていることがあります。 霧の中にぼんやりとたたずむバーリーハウスはとても美しく幻想的です。    霧と言えばかつて「霧の都ロンドン」と言われていましたが、ここでいう「霧 …

mist-2

イギリスのシルバーコレクター

イギリスには古くから銀製品のコレクターが多くいます。彼らはどのようなものをどのような基準で集めているのでしょうか? コアなコレクターや資金のあるコレクターはどんどんレアなものを求めます。 銀は溶かして新たに作り直す事がで …

silver-maintenance2

バーリーハウス(4)

ベルルームを抜け、階段を上がって最初の部屋はThe Ante Chapelで、その先がThe Chapelになります。   “Ante”というのは「前の」という意味なので、The Ante Chapelは「チャペルの手前 …

chapel-2

箱の中の金貨

数年前に古い木箱を購入した際に、とても小さな光るものが底から出てきました。   よく見ると小さな金貨で、片面には「EUREKA」と文字が刻印されていて、反対側には「CALIFORNIA 1853 GOLD」との刻印が。 …

gold-coin-2

ガイ・フォークス・ナイト

先日の11月5日はイギリスではガイ・フォークス・ナイト(Guy Fawkes Night)といって、かがり火をたいて花火をあげるお祭りがありました。   ここバーリーハウスでもパークの一画で毎年行われます。 このお祭りの …

guy-fawkes-night-2

冬季のマナーハウス・カントリーハウス

イギリスにはたくさんのマナーハウスやカントリーハウスがありますが、そのほとんどは冬の時期は閉まってしまい観光はできません。 ここバーリーハウスも今年は10月30日までで営業は終了し、春のイースターまで閉まってしまいます。 …

burghley-house-in-autumn-4

ファイヤースクリーン

これはマナーハウスやお城などで見かけることがある家具の一つです。     一見、部屋の飾りのように見えるかもしれませんが、ちゃんと用途を持っています。 基本的に、家具というのは目的があり作られているのでどんな家具にも用途 …

fire-screen-4

コーナーキャビネット

この写真の家具は部屋の角に置くコーナーキャビネットという家具で、以前私が修復したものです。   18世紀の高さ2mを超えるような大きな家具です。 手前側の素材はマホガニー、内側の素材はパインで作られています。 これは修復 …

corner-cabinet6
« 1 7 8 9 12 »
PAGETOP
Copyright © Burghley Antiques All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.