英国バーリーハウスでアンティーク修復士兼ディーラーとして働く岩田年史セレクトのアンティークショップです

Blog

コインの切り抜き

修復士になるための大学に通っていた学生の時、コインを切りぬく課題がありました。 これはそのときに作製したものです。   ドリルで小さな穴を開け細い糸ノコを入れ切り抜いていきます。 この技術はマーケトリーやパーケトリーなど …

coin-3

17世紀のフィリグリーの容器とお皿

これは私の数あるアンティークコレクションの中で最も珍しく貴重な一品です。 シルバーフィリグリーの容器とお皿です。       これを見つけたのはもう10年以上前になります。 当時はまだ修復士になるための大学に通っていた頃 …

filigree-box-dish-1

マジックランタン(幻灯機)

これは19世紀に作られたマジックランタンという機械です。    スライド映写機の原型にあたる機械で、ヨーロッパで望遠鏡と顕微鏡が発明された17世紀に、マジックランタンの原型ができます。 18世紀になるとマジックランタンを …

magic-lantern-1

バーリーホーストライアル

先週の木曜日から4日間、バーリーハウスではホーストライアルという馬術競技会が行われました。 バーリーハウスでは1年を通して様々なイベントが行われますが、ホーストライアルはその中でも最も盛大なイベントになります。   その …

horse trials (7)

羊のオーマルー(Ormolu)

少し前に手に入れた羊の頭の置物。 素材はブロンズに、マーキュリーギルディングという技法(金を水銀によって付着させ水銀を高熱で気化させる)で金が表面に施されいるオーマルー(Ormolu)というものです。 この技法は質の高い …

sheep head1

亀の箱

アンティークの世界にはよく見かけるものもあれば、めったにお目にかからない珍しいものもあります。 アンティークが好きで、毎日多くのアンティークに触れているとだんだんと珍しいものに目がいき欲しくなるものです。 今回出逢って手 …

tortoise box (5)

アンティーク家具の修理と修復の違い

「家具の修復ってどんなことをするんですか?」とよく質問されます。 日本では家具の修復はあまり身近なものではないので、どんなことをするのかイメージがわかないと思います。 「修理」をイメージされる方も多いと思います。 実は「 …

table-1

北ウェールズ ~カーナーボン、デンビー~

ウェールズには大小さまざまな古城(廃墟)が本当にたくさんありました。 これはコンウィ城と同じくラピュタのモデルとされたお城、カーナーボン城(Caernarfon Castle)です。 チャールズ皇太子が叙位式典を行ったの …

Caernarfon (2)

北ウェールズ ~スランディドノ~

北ウェールズの海岸沿いの街Llandudno(スランディドノ)という街にも行ってきました。 ウェールズでは英語の他に今もウェールズ語が使われていて、このLlandudnoもウェールズ語独特の綴りです。 道路標識やレストラ …

Llandudno (6)

北ウェールズ ~コンウィ~

先週、北ウェールズに1週間のホリデーに行ってきました。 ウェールズは天気が良くないことが多い地域なのですが、 私たちが滞在していた1週間は天気にも恵まれ、ウェールズにしてはめずらしく気温も30℃を超えた日までありました。 …

north wales (1)
« 1 7 8 9 10 »
PAGETOP
Copyright © Burghley Antiques All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.