英国バーリーハウスでアンティーク修復士兼ディーラーとして働く岩田年史セレクトのアンティークショップです
Blog

コレクタブル

昔の卵の鮮度の見分け方

私が好きでつい集めてしまうキッチンもののアンティークやビンテージ。キッチンで昔使われたガラスのメジャーカップを紹介します。 表面には様々なメモリが書かれており、その中のカップに入った卵の絵が一際目を引きます。これは卵を割 …

measure cup1

19世紀に作られた怪しい薬

あまりよく分からない、今では使うことができない珍しいアンティークを手に入れるのが個人的に好きで、そのようなものに出くわすとワクワクし私のコレクションに加えることがよくあります。 私が以前手に入れたもので、薬が入っている沢 …

Homeopathy1

スタンホープ(Stanhope)

今日は私の少し変わったアンティークのコレクションから紹介します。 ひとつはロザリオ、もうひとつは傘の形をした針入れです。共に(牛)骨から作られていることの他に、この2点には共通点があります。 ロザリオのクロスの中心と傘の …

Stanhope3

ページターナー(Page Turner)

前回のブログで紹介した象嵌細工の技法マーケトリーは家具だけでなく他のものにも使われました。例えば、この道具です。   アンティークにあまり詳しくない人はこれをレターオープナーやペーパーナイフと言ったりします。レターオープ …

Page Turner1

オベリスク

これは私のコレクションの一つ、オベリスクの温度計と置物です。 左から、アゲート(瑪瑙)のオベリスクの置物(20世紀)、アラバスタと真鍮で作られたオベリスクの温度計(19世紀)、木と象牙で作られたオベリスクの温度計(19世 …

obelisk (2)

スイスの懐中時計スタンド

ちょっと変わった私のコレクションから。 腕時計が登場し主流になるまでは懐中時計が使われていました。時計と言えばスイスが有名です。それは冬季は深い雪に閉ざされるスイスで家から出ることなくできる内職として発達したからです。そ …

pocket watch case (5)

マジックランタン(幻灯機)

これは19世紀に作られたマジックランタンという機械です。    スライド映写機の原型にあたる機械で、ヨーロッパで望遠鏡と顕微鏡が発明された17世紀に、マジックランタンの原型ができます。 18世紀になるとマジックランタンを …

magic-lantern-1

亀の箱

アンティークの世界にはよく見かけるものもあれば、めったにお目にかからない珍しいものもあります。 アンティークが好きで、毎日多くのアンティークに触れているとだんだんと珍しいものに目がいき欲しくなるものです。 今回出逢って手 …

tortoise box (5)

ホルツァフェル(Holtzapffel)旋盤機

旋盤機とは、加工したい物を固定し回転させ、そこに刃物をあてて切削加工する工作機械です。加工される物自体が回転するので、出来上がった物は円形や円すい形など、必ず回転軸に対して対称な形になります。 現代でも様々な旋盤機があり …

Holtzapffel (3)

嗅ぎタバコ入れ

嗅ぎタバコ(Snuff tobacco)とはタバコの葉を粉末にしたもので、鼻から吸引することによって鼻の粘膜からタバコを吸収するものです。 元々はアメリカ大陸が発祥で17世紀には欧州に伝わり20世紀初頭まで人気がありまし …

snuff box (1)
PAGETOP
Copyright © Burghley Antiques All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.