英国バーリーハウスでアンティーク修復士兼ディーラーとして働く岩田年史セレクトのアンティークショップです
Blog
  • HOME »
  • »
  • アンティーク基礎知識

アンティーク基礎知識

イギリスシルバー ホールマーク(3)

前回のブログで紹介したシルバースタンダードマークを見ることで純銀であることがわかった場合、次にチェックするポイントがアッセイオフィス(Assay Office)になります。 イギリスの最初のアッセイオフィスは1300年頃 …

Assay Office

イギリスシルバー ホールマーク(2)

イギリスのシルバーを手にした時に、まず最初にチェックするのがシルバースタンダードマークを探すことです。 16世紀の中頃までのシルバーには見られない刻印ですが、それ以降のシルバーには刻印されています。 これを見つけることで …

standard

イギリスシルバー ホールマーク(1)

イギリスのシルバーにはホールマークと呼ばれる刻印が付いています。 ホールマークとはイギリスの銀製品の品質をチェックする機関であるアッセイオフィス(Assay Office)によって押される刻印で、この刻印によって年代、メ …

sse040-b

アンティーク コレクションの基本理念

アンティークに興味がある、でも知識がなくて不安だという場合、どのようにアンティークを手に入れるべきかと聞かれることがあります。 アンティークは分野がとても広くありとあらゆるジャンルがあります。さらに年代によって流行したデ …

SSE011-(7)

シルバーティーポット&コーヒーポットのハンドル

ティーポットに必ずついているハンドルの素材について今日は注目してみたいと思います。 シルバーのティーポットのハンドルは年代や流行によってデザインや素材が変わってきます(コーヒーポットも同様)。 素材には黒檀(エボニー)、 …

silver tea pot2

アルバートチェーン

これは懐中時計などによく使われるアルバートチェーンと言います。   ビクトリア女王の夫であるアルバート公が好んで使っていたことからアルバートチェーンと呼ばれるようになりました。 T字の部分をボタンホールに入れて使われてい …

albert-chain-1

イギリスのアンティーク家具修復と資格について

私の本業はバーリーハウスでのアンティーク家具の修復です。 バーリーハウスにある家具の修復は年間で2~3割ほどで、それ以外の家具の修復は外部から来ています。 バーリーハウスにある多くの家具はコンディションが良い状態であるこ …

furniture-4

イギリスのシルバーコレクター

イギリスには古くから銀製品のコレクターが多くいます。彼らはどのようなものをどのような基準で集めているのでしょうか? コアなコレクターや資金のあるコレクターはどんどんレアなものを求めます。 銀は溶かして新たに作り直す事がで …

silver-maintenance2

アンティーク家具の修理と修復の違い

「家具の修復ってどんなことをするんですか?」とよく質問されます。 日本では家具の修復はあまり身近なものではないので、どんなことをするのかイメージがわかないと思います。 「修理」をイメージされる方も多いと思います。 実は「 …

table-1

カトラリーのセット

以前、知り合いから、12セットのカトラリーのうち、1セットだけ買うことはできないか、と言われたことがありました。 様々なデザインのものを1セットずつ集めているから、という理由でした。 アンティーク好きな方の中にはそういう …

SSC011-4
« 1 2 3 »
PAGETOP
Copyright © Burghley Antiques All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.