英国バーリーハウスでアンティーク修復士兼ディーラーとして働く岩田年史セレクトのアンティークショップです
Blog

修復

バーリーハウスの彫刻の修復

これはバーリーハウスに展示されている一対のオーク(樫)と大理石のテーブルです。 おそらく1780年にFell & Newtonによってバーリーハウスのために作られたものと言われています。 (テーブルサイドの彫刻の …

oak table4

シルバーのケースの修復

シルバーは時々オリジナルのケースと一緒に出てくることがあります。 バーリーアンティークスではシルバーのクリーニングと修復だけでなく、必要に応じて箱の修復も行い、これからの100年もまた良い状態で使って頂けるようにして販売 …

silver case (4)

イギリスのアンティーク家具修復と資格について

私の本業はバーリーハウスでのアンティーク家具の修復です。 バーリーハウスにある家具の修復は年間で2~3割ほどで、それ以外の家具の修復は外部から来ています。 バーリーハウスにある多くの家具はコンディションが良い状態であるこ …

furniture-4

コーナーキャビネット

この写真の家具は部屋の角に置くコーナーキャビネットという家具で、以前私が修復したものです。   18世紀の高さ2mを超えるような大きな家具です。 手前側の素材はマホガニー、内側の素材はパインで作られています。 これは修復 …

corner-cabinet6

コインの切り抜き

修復士になるための大学に通っていた学生の時、コインを切りぬく課題がありました。 これはそのときに作製したものです。   ドリルで小さな穴を開け細い糸ノコを入れ切り抜いていきます。 この技術はマーケトリーやパーケトリーなど …

coin-3

アンティーク家具の修理と修復の違い

「家具の修復ってどんなことをするんですか?」とよく質問されます。 日本では家具の修復はあまり身近なものではないので、どんなことをするのかイメージがわかないと思います。 「修理」をイメージされる方も多いと思います。 実は「 …

table-1

バッキンガム宮殿の家具修復

この写真の家具はバッキンガム宮殿所蔵の19世紀のフランス家具で、以前私が修復したものです。 ドアはBoulle Marquetryという象嵌(ぞうがん)細工が施されているもので、ドアの表面の赤い部分が鼈甲(べっこう)、金 …

after-restoration1
« 1 2
PAGETOP
Copyright © Burghley Antiques All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.