英国バーリーハウスでアンティーク修復士兼ディーラーとして働く岩田年史セレクトのアンティークショップです
Blog

バーリーハウス

オランジェリー(Orangery)

大きな宮廷や邸宅、マナーハウスにはオランジェリー(Orangery)という建物が付随していることがあります。 オランジェリーとはオレンジやその他の温暖な地域のフルーツを栽培するための建物で、16世紀から19世紀にかけてヨ …

Orangery (1)

バーリーハウスの彫刻の修復

これはバーリーハウスに展示されている一対のオーク(樫)と大理石のテーブルです。 おそらく1780年にFell & Newtonによってバーリーハウスのために作られたものと言われています。 (テーブルサイドの彫刻の …

oak table4

バーリーハウス(7)

The Billiard Roomとは反対側のThe Bow Roomの隣の部屋はThe Brown Drawing Roomという部屋です。 日本語では「客間」「応接間」と訳されるDrawing Roomですが、もとも …

The Brown Drawing Room (4)

ケイパビリティ・ブラウン

今週からバーリーハウスがオープンし、また観光客がたくさんやってくる季節になりました。 毎年、春のオープン直後だけ普段は入れないサウスガーデンも一般に公開されます。   このバーリーハウスの庭園をデザインしたのはランスロッ …

Capability Brown

バーリーハウス(6)

The Billiard Roomの隣にはThe Bow Roomという部屋があります。 かつてはダイニングルームとして使われていたそうです。    この部屋はハウスの2階正面に位置しており、壁から天井までフランス人画家 …

the bow room (4)

フォックスハンティング

先週の土曜日、ここバーリーハウスではフォックスハンティング(キツネ狩り)が行われました。   とはいっても、2005年に法律でキツネ狩りは禁止されたので、実際には狩り(殺すこと)はしていません。 イギリスで狩りというと、 …

fox hunting (3)

バーリーハウス(5)

階段を上がった2階のチャペルと反対側の部屋はThe Billiard Roomです。   この部屋の中央にあるビリヤードテーブルは、戦艦Royal Georgeの木材で作られています。 戦艦Royal George は1 …

the-billiard-room-2

バーリーハウスのクリスマスパーティー

毎年、クリスマス前にバーリーハウスではカクテルパーティー(クリスマスパーティー)が開かれます。 バーリーハウスで働いている人たちやその家族や関係者などが招かれて、ハウスの一番大きな部屋(グレートホール)で立食パーティーを …

christmas-party-8

霧の都ロンドン…実はスモッグ

イギリスはもうすっかり寒くなり、朝起きると外に霧が出ていることがあります。 霧の中にぼんやりとたたずむバーリーハウスはとても美しく幻想的です。    霧と言えばかつて「霧の都ロンドン」と言われていましたが、ここでいう「霧 …

mist-2

バーリーハウス(4)

ベルルームを抜け、階段を上がって最初の部屋はThe Ante Chapelで、その先がThe Chapelになります。   “Ante”というのは「前の」という意味なので、The Ante Chapelは「チャペルの手前 …

chapel-2
« 1 2 3 »
PAGETOP
Copyright © Burghley Antiques All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.