英国バーリーハウスでアンティーク修復士兼ディーラーとして働く岩田年史セレクトのアンティークショップです

Blog

昔の職人による修理

アンティーク家具の修復で、工房に運ばれてくる家具の中で最も多いものはイスです。毎日使う家具の一つで、木を組み合わせた接合部が多いためです。古いイスの接合部に使われている膠が乾き緩みはじめたものを使っていると破損の原因にも …

Chair3

珍しいカトラリーハンドルの素材

これは18、19世紀にフォーク、ナイフのハンドルとして使われた珍しいものです。クリーム色や白い素材で不思議な模様が特徴的です。 アンティーク関係の仕事をしている人でも知らない(見たことがない)人が多いものです。一体、何で …

pic3

アンティークの杖

日本ではあまり馴染みがないアンティークの分野に、杖(Walking Sticks)があります。イギリスには杖のコレクターやそれらを専門に仕入れる店やディーラーがいます。 杖は古くから使われてきたため、各国で作られ、様々な …

Walking Sticks5

イギリス人の興味

一つの国に長く住んで生活していると、そこで生活している人が何に興味を持っているのか見えてきます。 私はイギリスに住んで今年で17年になります。ここでイギリス人に囲まれ仕事や日々の生活を送る中で多くのイギリス人がどんなもの …

house

アンティークの柱時計の修復

時々、修復工房に運ばれてくるものの中に柱時計があります。 イギリスではLongcase Clockと呼ばれています(Grandfather Clockと呼ばれることもありますがLongcase Clockの方がイギリスで …

Longcase Clock9

スカートリフター

多くのアンティークを目にしていると様々なものに遭遇します。現在では使われなくなり、何に使われていたのかわからないものも見かけます。 この道具は何に使われていたのか多くのイギリス人が知らないものの一つです。 本体は金属でで …

Skirt Lifter2

真鍮(Brass)の変色

アンティークでよく見かけ、古くから様々な用途で使われている金属の素材で真鍮(Brass)があります。私の本職であるアンティーク家具修復の仕事でも身近な金属で、18世紀以降の家具の象眼細工などの装飾、ヒンジ、鍵穴の淵、ロッ …

Brass6

サミュエル・クラークのフードウォーマー(Food Warmers)

白い陶器に黒い文字や絵が描かれたこのジャグ。キッチンもののアンティークを集めている人にはたまらない珍しいものです。   ジャグの表面を見るとサミュエル・クラーク(Samuel Clarke)のフードウォーマー(Food …

COL043 (14)

ノートルダム大聖堂の火災と修復

先日、パリのノートルダム大聖堂の火災が世界中でトップニュースとして報道されました。古いものの修復に長年携わっている私にとってもショッキングなニュースでした。   フランス大統領マクロン氏は火災中現地に行き「修復をする。募 …

Notre Dame1

ヴェスタケース

様々なデザインがある小さなアンティークはコレクションとして集める人が多く、イギリスでは写真のような小箱を収集する人を見かけます。これはヴェスタケース(Vesta Case)と呼ばれるもので、マッチ入れです。19世紀後期か …

Vesta Case1
1 2 3 13 »
Facebook
Facebook
Twitter
Visit Us
Instagram
PAGETOP
Copyright © Burghley Antiques All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.