英国バーリーハウスでアンティーク修復士兼ディーラーとして働く岩田年史セレクトのアンティークショップです

Blog

ブラガンザ・フィート(Braganza Feet)のテーブル

少し前にバーリーハウスのオーナーから修復の依頼をされたテーブルがありました。1720年頃に作られたこのオーク材のゲートレグ・テーブル(Gateleg table)です。よく目にする脚の先のデザインは丸ですが、これはあまり …

Braganza Feet5

初代バーリー卿ウィリアム・セシル生誕500年記念式典

先週末に初代バーリー卿であるウィリアム・セシル生誕500年記念式典に参加してきました。この式典は現在の当主でありウィリアム・セシルと血のつながりのあるミランダ・ロックとオーランド・ロックによって主催され、当主の親戚やバー …

ウィリアムセシル

学生時代に拾った古びたイス

私の住んでいる地域の売り買いの掲示板を時々見ます。生活に便利なものや修復の仕事で使える道具などの中古品が安く出ています。最近その掲示板を見ていて目に止まったのがこの中古のイスです。手前の足の装飾がチューダー朝なので一見ア …

chair

ボックスウッド(柘植)

アンティークの素材でよく使われていた木材にボックスウッド(Boxwood)と呼ばれるものがあります。昔この木材で木箱を作っていたことからボックスウッドと呼ばれるようになったようです。日本では柘植(ツゲ)と呼ばれており、世 …

Boxwood2

レトロ・ビンテージ家具の修復

私の本業は修復で、アンティーク家具の修復がメインですが、時々レトロ・ビンテージの家具の修復もします。レトロ・ビンテージの家具とは、近年、人気が高まり価格が上っている20世紀中頃に作られたものを指します。 最近、修復依頼を …

G-PLAN1

装飾の綺麗なライティングボックス

このような装飾の綺麗な箱を最近修復しました。19世紀初期に作られたライティイングボックス(Writting Box)と呼ばれる箱です。 ライティングボックスとは持ち運びできるポータブルの小さなデスクのようなもので、中を開 …

Writting Box5

とても珍しい古い鍵

これは最近、手に入れた珍しい古い鍵です。以前から存在は知っていましたが、手にするのは初めての鍵です。 18世紀後期(1792年頃)に発明されOdell KeyとかFrench Night Latch Keyと呼ばれている …

key1

西洋アンティークの鼈甲(タートルシェル)

アンティークによく出てくる素材で鼈甲があります。イギリスではタートルシェルと呼ばれ質の高い高価なものによく使われています。 鼈甲は色が濃い部分と茶色の半透明の部分からなる模様があり、磨くと光沢が綺麗な素材です。そして熱と …

turtle shell 1

古いスクリュードライバー

ほぼ毎日、本業のアンティーク修復の仕事で使うのがスクリュードライバーです。イギリスやヨーロッパで作られた古いものには大小様々なネジ(スクリュー)が使われています。 柘植(Boxwood)のハンドルで作られた古いスクリュー …

Screwdriver2

18世紀に作られた象嵌細工の複製

今回は以前ブログで書いた「脚が切られた家具」の続編になります。 これはChest of drawers(箪笥)の天板の写真です。手前と奥の家具の表面には綺麗なマーケトリーと呼ばれる象嵌細工装飾が施されています。 実は手前 …

Chest of drawers7
1 2 3 18 »
Facebook
Facebook
Twitter
Visit Us
Instagram
PAGETOP
Copyright © Burghley Antiques All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.