英国バーリーハウスでアンティーク修復士兼ディーラーとして働く岩田年史セレクトのアンティークショップです

Blog

サルヴァ

このようなお盆はサルヴァと呼ばれています。このタイプのお盆をサルヴァと呼ぶようになったのは17世紀のイギリスになります。 サルヴァは銀や金属で作られたものが多く、ガラスや木製もあります。平らで取っ手のないトレーや大皿で、 …

SSE080 (10)

エリザベス2世即位70周年の植樹

1952年2月6日に即位したエリザベス2世は今年70周年を迎え、プラチナ記念日のお祝いが各地で行われる予定です。 その70周年記念の最初の記念行事として、ここバーリーハウスの広大な敷地の一角の70エーカー(東京ドーム約6 …

Burghley House

19世紀にオランダで作られた大きな革のスクリーン

少し前に修復の依頼を受けたアンティークにスクリーン(衝立)があります。19世紀にオランダで作られたスクリーンで表面には革がはられ、その上に絵が描かれています。おそらく、乾燥した部屋で使われ、表面の革が裂け、見栄えが悪くな …

修復前1

シーリングワックス(Sealing Wax 封蝋)

シーリングワックスとは、印章のロウ材で紙、羊皮紙、リボン、ワイヤーなどに封をするのに使われてきました。現在でも高価なお酒に赤のロウに刻印が押され封がされているのを目にすることがあると思います。    溶けた後、素早く固ま …

Sealing Wax3

修復工房での作業と現場での作業

アンティークの修復作業をする場合、修復工房での作業と現場での作業の2種類があります。最も多く作業がしやすいのは修復工房に運び込み修復する方法です。それは沢山の道具、材料、機械など設備が整っていること、自分のペースで作業が …

マホガニー壺3

19世紀のコカ・コーラ

馴染みのある清涼飲料水コカ・コーラのコカはコカイン、コーラーはコーラナッツのことで、初期のコカ・コーラにはコカイン、コーラナッツが原料として使われていました。 コカ植物の薬効は、南米の先住民には何千年も前からよく知られ、 …

19世紀のコカ・コーラ

マイザーパース(Miser’s Purse)

これは現在では見かけることのなくなった、昔の財布(パース)です。 18世紀半ばから20世紀初頭にかけて、イギリスやフランスで流行したマイザーパース(長財布、ストッキングパース、リングパースなどとも呼ばれる)。 マイザーパ …

SEW060,061 (3)

アッシュフォード黒大理石

先日、様々な色や模様の石を集めて作られた象嵌細工のテーブル(19世紀)が工房に来ました。テーブルトップは石ですが、それ以外はローズウッドで作られています。修復箇所はローズウッドの部分に欠損がいくつもあったので、その欠損部 …

Ashford Black Marble2

ディズニーランドが依頼して作ってもらった箱根寄木細工のからくり箱

少し前に小さな木製の小箱が修復工房に来ました。私の知人で小箱をコレクションしている人が持ってきた珍しい箱です。箱の一部が壊れ紛失しています。   箱の上部には「The Haunted Mansion in Disneyl …

Secret Panel Chest5

トディーレードルとトディーリフター

イギリスは冬時間になりました。暗く寒くジメジメした冬の到来です。そんなイギリスで18世紀流行したのがトディーです。 トディーとはエール、ウイスキー、卵、砂糖、スパイスを熱して作るスコットランドの飲み物です。有名なのはホグ …

トディー2
1 2 3 19 »
Facebook
Facebook
Twitter
Visit Us
Instagram
PAGETOP
Copyright © Burghley Antiques All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.